instructor

インストラクターの紹介


中山 裕雄(なかやまひろお
中山プロフ画像.jpg

1973年(昭和48年)生 福岡県糟屋郡志免町在住。熊本県山鹿市出身。趣味:草野球。

 私のチベット体操との出会いは、2001年、小学校養護教諭の母が職場の健康関連の研修でもらってきた「チベット体操の本」を実家で偶然目にしたことでした。

本の冒頭にある「ある老人がチベット体操を4年間やったら、30歳位若返った話」を読んで、半信半疑でやってみたところ、それまでバスケットボールや合気道などで経験したストレッチと微妙に違う動作に魅了され、以来、チベット体操の原書と言われる「若さの泉」の書籍を頼りに、独学でチベット体操を続けます。
41AN3T3KG5L__SL500_AA300_.jpg
※チベット体操原書「若さの泉」(河出書房新社)(2004年以前の装丁。)最初みたときは「本当にあやしげな本だ」と思いました。

当時は、いま以上にチベット体操の存在は知られておらず、体操のことを話すと「あやしい」、「反社会的集団に属したのでは?」と心配されることも度々ありました。妹に「お父さんに話したら心配されるから黙っておいたほうがいいよ」とアドバイスされたのも良い思い出です。

ただ、「若返り」、「ダイエット」、「健康」などのキーワードは女性には関心が高いようで、実の母、妹、妻の家族をはじめ、同僚や友人などに興味を示してくれる人は少なからずいました。私は嬉しくて「5つのチベット体操」を皆さんにプレゼントしましたが、残念ながら、ほとんどの方は2~3回やっただけで止めてしまい。未だに続けているのはインストラクターの香織さんだけではないかと思います。
島内プロフ.gifインストラクター島内香織IMG_0328.JPG講座風景


その後、途中何度か中断しながらも、本を読んで見よう見まねで、一人で細々と体操を続けていました。


健康にいいのはなんとなくわかりましたが、チベット体操を一生続ける価値があると確信したのは、2005年の夏です。その夏、大分県の海辺の小さな町に仕事で一か月間出張に行きました。
海.gif

出張先の支店の人員配置のタイミングで私の仕事量が余り無かったので、夕方6時には旅館に帰る生活でした。遊ぶところもなかったので、「チベット体操を本気でやってみよう」と朝晩、毎日1時間以上30日続けます。
第4の体操.gif
出張が終わり福岡へ戻って、当時2カ月に1回ほど定期的に通っていた整体院を訪ねます。そこで、いつも「30歳すぎて、痛いところが無い人はいないよ」が口癖だった院長が、私の身体をさわるなり

「今日はどこも悪いところが無い。全て治っている。いったいどうしたんだ!?」

と驚くのです。なんとなく体調がいいような気がしていましたが、院長に驚かれるほど、慢性的な腰痛が治っているとは思っていませんでした。



 2009年、静岡でチベット体操教室を主宰されていたチベットクラブの松下信義氏(当時51歳)が福岡に来られることを知り、チベット体操体験講座に行きます。独学で一人細々とやっていて、またそれまでほとんどの人に「知らない」、「変な名前の体操」といわれていたチベット体操の師と仲間を見つけることが出来た喜びがありました。
o0170030810154786630.gif読売新聞福岡東部かわら版に、私のコメントも掲載されました。
 松下氏に出会って「松下先生のようにあと10数年後、50歳を過ぎたらチベット体操教室を開きたいな」と漠然と思っていました。ところが2011年5月に56歳の男性の言葉で、当初の予定より10年以上早く教室開催を決意します。その人は、「中年になったら、健康、若さが本当に大事。僕のためにもチベット体操教室を開いて教えて欲しい」と真剣に言われるのです。

以来、静岡に行き松下氏の教室を経験し、また「チベット体操教室を始めるときは、インストラクターをしてほしい」と考えていた島内香織に声をかけ、「チベット体操のやり方を教えるだけでなく、どうやったら長くチベット体操を続けられよりよい生活を送ってもらえるか」を目標に日々研修を行っています。
研修風景.gif研修風景
チベット体操は特別に難しい体操ではありません。誰でも何度かやっていれば出来るようになります。大事なのは続けることです。毎日が難しければ3日に一度や週に1回でもいいと思います。1日15分だけでも続ければ、1年後、3年後、10年後にどの位かはわからないけれど、良い方向に変化が起こるのは想像していただけるのではないでしょうか。


 当クラブが遠いという方は、よかったらチベット体操の原書と言われる下記の書籍を読んで実践してみてください。5回~10回もやれば、本を見ずに体を動かせるようになると思います。

ただいちばん難しいのは続けること。

雑誌日経ウーマン(日本経済新聞社)のアンケートでも90%以上の女性は、「運動、習い事、ダイエット、趣味等を続けられなかった経験がある」と答えています。
私はチベット体操を始めて10年になりますが、途中何度も中断して「せっかくの効果が逆戻り」という経験をしてきました。「それなら、みんなで励ましあってやったら続くのではないか?」というのも、教室を始めた動機のひとつです。

松下先生は「チベット体操」の呼吸法(丹田呼吸法)と体操で、自分の心と体の健康と若返りのために、1日わずか15分のご褒美を自分自身にあげましょう」と言っておられます。
第2の体操2.gif


 これから私自身50歳、60歳、70歳と歳を重ねて、実際にどのようになるのかわかりませんが、チベット体操だけは地道に続け、また一人でも多くの人にチベット体操を知って健康になってもらいたいと考えています。

2012年3月6日  中山 裕雄


※書籍のご紹介
「若さの泉 5つのチベット体操」河出書房新社
チベット体操の原書と言われる本で、日本では1993年に出版されました。米国在住のイギリス人が20世紀の初めにチベットからチベット体操を学んで持ち帰ったエピソードから、5つの体操のやり方、数十年に渡る体験者の声、医学博士の科学的見地からの解説などが記載されています。詳しくは画像をクリックしてください。